フランクフルト3位浮上!長谷部誠「我慢が結果につながった」と満足。週末は王者バイエルン戦!

😇 1947• 2011-2014• 2018-2019シーズンはをリーグ優勝に導いたが監督に就任した。 【フランクフルト 2-0 ケルン ブンデスリーガ第21節】 ブンデスリーガ第21節、アイントラハト・フランクフルト対ケルンが現地時間14日に行われた。 ブンデス [2月22日 9:48]• 0-7(・対) 最多観客動員 [ ]• そのまま逃げ切り2-0の勝利を収めたフランクフルトは、4連勝で10試合負けなしだ。

13
「今日は我慢が結果につながりました。

鎌田が先制点アシスト&長谷部フル出場のフランクフルトが快勝、4連勝でCL圏内死守《ブンデスリーガ》(超ワールドサッカー)

☺ 1986-1987 ()• アウェー• 後半36分 ゴール!!!ドレクスラー(24)がゴールを決める。 1988• 2016-2018• 1965-1968 ()• 38分、左サイドを抜けた鎌田がゴール前で中央に横パス。

1968-1973• は2年ぶりにアルミン・フェーが監督に就任した。

2019/12/18 ãƒ

💖 後半に突入すると、57分、縦パスを鎌田がヒールで方向を変えて、絶好調のエース、アンドレ・シルバが4試合連続となる今季18点目をゲット! 79分にはエヴァン・ヌディカが追加点を奪ってみせた。 2001• 次節は王者バイエルン・ミュンヘンと対戦するが、「バイエルンにも勝てると信じられる。

79分にヌディカのゴールでリードを2点に広げたフランクフルト。

フランクフルト3位浮上!長谷部誠「我慢が結果につながった」と満足。週末は王者バイエルン戦!

⌚ なお、アジア出身のブンデスリーガ最多出場者は、韓国人のチャ・ボングンで308試合。 4連勝、10戦負け無しと好調を維持するフランクフルトは3位に浮上。 ブンデス [2月27日 9:11]• スペイン [3月1日 7:18]• プレミア [2月20日 23:35]• 2008-2010• しかし1部残留がかかったに1-2で敗れ、を1-0で下したに優勝を明け渡した。

7
前半は0-0で折り返すが、57分にフランクフルトが先制に成功。 最初は苦戦しましたが、冷静さを保ち、2-0の勝利に値した内容でした」 攻め急がずに戦況を見守りながら、しっかり勝負どころをモノにした。

鎌田大地、先制点に絡む。長谷部誠がフル出場のフランクフルトはケルンに勝利でリーグ10戦負けなし

🤘 スペイン [3月1日 7:18]•。 2005-2009• ドゥルムのミドルシュートを鎌田がヒールで流し、アンドレ・シウバがGKとの一対一を制した。 2006-2008• との入れ替え戦では2戦合計2-1で下し辛くも残留を果たした。

11
2001• 1997-1998• 次節はホームにバイエルンを迎える。 2010-2011• だからこそ、後半は6番(守備的ではないほうのボランチ)がよりオフェンス的になりました。

フランクフルト3位浮上!長谷部誠「我慢が結果につながった」と満足。週末は王者バイエルン戦!(2021年2月15日)|BIGLOBEニュース

😚 多くのコンビネーションの起点となり、珍しく前線にも時折顔を出した」と同紙は長谷部を評価。 1945• 2012-2015• 夏の移籍期間中にと主将のボランチ2人が移籍し、代わりにを獲得した。

18
1979-80 過去の成績 [ ] シーズン ディビジョン リーグ 試 勝 分 敗 得 失 点 順位 1963-64 30 16 7 7 65 41 39 3位 準優勝 1964-65 ブンデスリーガ1部 30 11 7 12 50 58 29 8位 2回戦敗退 1965-66 ブンデスリーガ1部 34 16 6 12 64 46 38 7位 2回戦敗退 1966-67 ブンデスリーガ1部 34 15 9 10 66 49 39 4位 1回戦敗退 1967-68 ブンデスリーガ1部 34 15 8 11 58 51 38 6位 2回戦敗退 1968-69 ブンデスリーガ1部 34 13 8 13 46 43 34 8位 2回戦敗退 1969-70 ブンデスリーガ1部 34 12 10 12 54 54 34 8位 準々決勝敗退 1970-71 ブンデスリーガ1部 34 11 6 17 39 56 28 15位 2回戦敗退 1971-72 ブンデスリーガ1部 34 16 7 11 71 61 39 5位 2回戦敗退 1972-73 ブンデスリーガ1部 34 15 4 15 58 54 34 8位 2回戦敗退 1973-74 ブンデスリーガ1部 34 15 11 8 63 50 41 4位 優勝 1974-75 ブンデスリーガ1部 34 18 7 9 89 49 43 3位 優勝 1975-76 ブンデスリーガ1部 34 13 10 11 79 58 36 9位 4回戦敗退 1976-77 ブンデスリーガ1部 34 17 8 9 86 57 42 4位 準々決勝敗退 1977-78 ブンデスリーガ1部 34 16 4 14 59 52 36 7位 3回戦敗退 1978-79 ブンデスリーガ1部 34 16 7 11 50 49 39 5位 準決勝敗退 1979-80 ブンデスリーガ1部 34 15 2 17 65 61 32 9位 4回戦敗退 1980-81 ブンデスリーガ1部 34 13 12 9 61 57 38 5位 優勝 1981-82 ブンデスリーガ1部 34 17 3 14 83 72 37 8位 2回戦敗退 1982-83 ブンデスリーガ1部 34 12 5 17 48 57 29 10位 1回戦敗退 1983-84 ブンデスリーガ1部 34 7 13 14 45 61 27 16位 1回戦敗退 1984-85 ブンデスリーガ1部 34 10 12 12 62 67 32 12位 2回戦敗退 1985-86 ブンデスリーガ1部 34 7 14 13 35 49 28 15位 1回戦敗退 1986-87 ブンデスリーガ1部 34 8 9 17 42 53 25 15位 準々決勝敗退 ブンデスリーガ1部 34 10 11 13 51 50 31 9位 優勝 ブンデスリーガ1部 34 8 10 16 30 53 26 16位 2回戦敗退 ブンデスリーガ1部 34 15 11 8 61 40 41 3位 1回戦敗退 ブンデスリーガ1部 34 15 10 9 63 40 40 4位 2回戦敗退 ブンデスリーガ1部 38 18 14 6 76 41 50 3位 3回戦敗退 ブンデスリーガ1部 34 15 12 7 56 39 42 3位 準決勝敗退 ブンデスリーガ1部 34 15 8 11 57 41 38 5位 3回戦敗退 ブンデスリーガ1部 34 12 9 13 41 49 33 9位 2回戦敗退 ブンデスリーガ1部 34 7 11 16 43 68 32 17位 2回戦敗退 1996-97 34 13 9 12 43 46 48 7位 2回戦敗退 1997-98 ブンデスリーガ2部 34 17 13 4 50 32 64 1位 ベスト16 ブンデスリーガ1部 34 9 10 15 44 54 37 15位 2回戦敗退 ブンデスリーガ1部 34 12 5 17 42 44 39 14位 ベスト16 ブンデスリーガ1部 34 10 5 19 41 68 35 17位 1回戦敗退 2001-02 ブンデスリーガ2部 34 14 12 8 52 44 54 7位 ベスト16 2002-03 ブンデスリーガ2部 34 17 11 6 59 33 62 3位 2回戦敗退 ブンデスリーガ1部 34 9 5 20 36 53 32 16位 2回戦敗退 2004-05 ブンデスリーガ2部 34 19 4 11 65 39 61 3位 ベスト16 ブンデスリーガ1部 34 9 9 16 42 51 36 14位 準優勝 ブンデスリーガ1部 34 9 13 12 46 58 40 14位 準決勝敗退 ブンデスリーガ1部 34 12 10 12 43 50 46 9位 2回戦敗退 ブンデスリーガ1部 34 8 9 17 39 60 33 13位 2回戦敗退 ブンデスリーガ1部 34 12 10 12 47 54 46 10位 ベスト16 ブンデスリーガ1部 34 9 7 18 31 49 34 17位 ベスト16 2011-12 ブンデスリーガ2部 34 20 8 6 76 33 68 2位 2回戦敗退 ブンデスリーガ1部 34 14 9 11 49 46 51 6位 1回戦敗退 ブンデスリーガ1部 34 9 9 16 40 57 36 13位 準々決勝敗退 ブンデスリーガ1部 34 11 10 13 56 62 43 9位 2回戦敗退 ブンデスリーガ1部 34 9 9 16 34 52 36 16位 2回戦敗退 ブンデスリーガ1部 34 11 9 14 36 43 42 11位 準優勝 ブンデスリーガ1部 34 14 7 13 45 45 49 8位 優勝 ブンデスリーガ1部 34 15 9 10 60 48 53 7位 1回戦敗退 ブンデスリーガ1部 34 13 6 15 59 60 45 9位 準決勝敗退 ブンデスリーガ1部 34 位 欧州の成績 [ ] シーズン 大会 ラウンド 対戦相手 ホーム アウェー 合計 1959-60 予選 不戦勝 1回戦 1—1 4—1 5—2 準々決勝 2—1 1—1 3—2 準決勝 6—1 6—3 12—4 決勝 3—7 1972-73 1回戦 0—0 0—2 0—2 1974-75 1回戦 3—0 2—2 5—2 2回戦 2—3 1—2 3—5 1975-76 1回戦 5—1 6—2 11—3 2回戦 1—0 2—1 3—1 準々決勝 1—0 2—0 3—0 準決勝 2—1 1—3 3—4 1977-78 1回戦 5—0 0—0 5—0 2回戦 4—3 3—0 7—3 3回戦 4—0 2—1 6—1 準々決勝 3—2 0—1 3—3 1979-80 1回戦 1—0 1—1 2—1 2回戦 3—0 0—2 3—2 3回戦 4—1 0—1 4—2 準々決勝 4—1 2—3 6—4 準決勝 5—1 a. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 セリエA [2月23日 7:59]• 1993• 選手層の厚さに恵まれない中でも、、の3トップが機能し好調を維持したが、終盤に勝ちきれない試合が続きリーグ戦では7位となった。

好調フランクフルトがケルンと分ける、鎌田はPK獲得で貢献

🌭 ブンデス [2月28日 1:35]• フランクフルトは主導権を握るものの前半をスコアレスで折り返す。

20
1998 (暫定)• 「前半はボールポゼッションで上回りましたが、ゼヒツェーン(=16:ペナルティエリアの縦が16メートル)に入るシチュエーションが少なすぎました。

フランクフルト対ケルン

♻ 【了】. 1978-1982• 1992-1993• プレミア [2月23日 17:18]• これこそ本当の質の高さと言える」と称賛した。

スキッベの就任1年目は10位と中位をキープしたが、翌は前半戦は翌シーズンのヨーロッパカップ戦の出場権を狙える位置にいたが、ウインターブレイク後は徐々に順位を落とした。

フランクフルト対ケルン

🤐 1998-1999• しかし味方には合わず、フランクフルトは決定機を迎えるも、ゴールを奪うことができなかった。

4
・フランクフルトは先制点を奪ったホームでのケルン戦を、17勝6分の負けなし。 シーズンのブンデスリーガではシーズン序盤は無敗だったものの次第に残留争いをする展開となったが、11得点を記録したやアシスト王となったアルベルト・シュトライトの活躍もあり2シーズン続けて残留をした。