新型コロナウイルス 世界の感染者数・感染者マップ|NHK特設サイト

♻ 1月11日• 死者数では英国がイタリアを抜いて、米国に次ぐ世界2位となった。 インドの感染者数が600万人を超えた。 ブラジルの感染者が180万人超に(7月11日) 米ジョンズ・ホプキンス大の集計で、日本時間11日朝、ブラジルの感染者数が180万人を突破した。

4
筆者がよく利用するブルックリンの大型チェーンのスーパーマーケットのスタッフは、ほぼ全員と言っていいほど黒人やヒスパニック系だ。 このうちNY州は3分の1超に相当する12万人。

アメリカ:黒人の新型コロナウイルス感染者・死者が多い理由

🚒 米国は7月後半は連日6万人ペースで新規感染者が増加していたが、8月に入って徐々にペースダウンして直近では1日当たり4万人台となっている。 世界全体の感染者が700万人突破(6月8日) 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、日本時間8日午後、世界全体の感染者が700万人を突破した。

11月24日• これは医療費が安いからです。 新型コロナウイルスの重篤患者になりやすいのは、高齢者や持病のある人とされている。

新型コロナ感染状況、1日の感染者アメリカ28万人、イギリス7万人、韓国は減少傾向(WoW!Korea)

🐝 ニューハンプシャー州:70785人(+280人)(うち、 死者1133人(+3人))• (BBC NEWS、2020年10月22日)• ブラジルの感染者数が800万人を超えた。 感染者数は442万に達し、米国が141万人と全体の3分の1を占める。 世界の感染者1600万人に(7月26日) 米ジョンズ・ホプキンス大の集計で世界の感染者が日本時間26日、1600万人を突破した。

4
(REUTERS、2020年11月9日)• ニューヨーク市で初の感染者が出たのは3月1日だった。 (NHK、2020年9月14日)• 世界の感染者1000万人を突破(6月28日) 米ジョンズ・ホプキンス大の集計で、日本時間28日夜、世界の感染者数が1000万人を突破した。

世界感染者1億860万人 : 米国が全体の4分の1を占める【新型コロナ国別感染者数】2月14日夜更新

😝 トランプは大統領再選に向け、支持者の気炎を上げさせているのだ。 世界の感染者数350万人超—ロシア急増で世界6位、ブラジル10万人突破(5月4日) 日本時間4日未明、米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計で、新型コロナウイルスの感染者数が世界全体で350万人を突破した。

12
最も深刻な事態に陥っているニューヨーク州の公表によると、同州の感染者は21万3700人、死亡者は1万1000人を超えている。 1883年に当時のプロイセンの宰相オットー・ビスマルクが疾病保険を導入したことが社会保険の始まりとされており、そのために社会保険式の医療制度は「ビスマルク式」と呼ばれている。

アメリカ感染者数2500万人超 ワクチン接種に課題も|テレ朝news

☕ 我々はこの困難な状況の中でいかにして経済を立て直していくべきなのか? 中原圭介氏の最新刊である「疫病と投資」から一部を引用し、考えてみたい。

9
インドが米国に次ぐ世界第2位の感染国に(9月7日) 米ジョンズ・ホプキンス大の集計で、日本時間7日午後9時の時点でインドの感染者数が420. 感染者数が最も多いのは米国の666. の感染者数が1万人を超えた。

アメリカ、1日のコロナ感染者10万人超える 過去最多 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

🚀 北マリアナ諸島:134人(+0人)(うち、 死者2人(+0人)) 赤字は前日からの変更、カッコ内は前日からの増減数を示しています。 日本と似た医療へのアクセスや保険制度であるドイツは、どこが違うのでしょうか。 そうした中、早期に感染が拡大した中国と韓国は、共に新規の感染者が6人、死者数はゼロと封じ込めに成功している。

2
そして、周りに濃厚接触者をどんどん増やしていく。

国・地域毎の2019年コロナウイルス感染症流行状況

😁 世界最大のコロナ大国である米国は、連日5~7万人ペースで感染者が増え続けている。 韓国は、社会活動の再開に伴い、5月下旬から、わずかに増加基調にある。 ジョンズ・ホプキンス大学の集計によりますと、24日にアメリカの感染者数は2509万8000人に上りました。

死亡者は約48万人。

アメリカ感染者数2500万人超 ワクチン接種に課題も|テレ朝news

😃 日本政府はGo Toキャンペーンに熱心だが、季節が冬に向かうのに合わせてか、北海道の感染者が激増している。

8
国別の感染死者数、英国がイタリアを超える(5月6日) イタリア、ドイツ、フランスの感染者増加ペースがやや緩む一方で、英国では急増が続く。