【浜崎洋介】「元祖ポピュリスト」の肖像――近衛文麿という悲劇

✌ 盧溝橋事件直後、近衛内閣は 「戦争の不拡大方針」を取った。

16
同年、日独伊三国軍事同盟を締結、そして1941年には日ソ中立条約を締結しました。 その中身はユダヤ解放理論ですから. ところがこの時、陸軍の一部には別の動きが現れていた。

なぜ近衛文麿は自殺し、岸信介は生きる道を選んだのか(魚住 昭)

😃 即ち国外に於てはソ聯の異常なる進出に御座候。 近衛秀俊墓(近衛秀麿長男・関東大震災で死去) 近衛通隆 1922年 大正11年 5月11日-2012年 平成24年 2月11日 後陽成天皇男系十三世子孫 歴史学者 東京大学史料編纂所教授、霞山会会長、陽明文庫理事長を歴任。 特高警察が目を光らしていた時代に、マルクス主義者でないかのような演技をしていたというのならわかるが、特高警察が廃され、日本共産党が合法化され、共産主義の思想犯が釈放される時代にそういうことをする必要があったのだろうか。

近衛秀俊墓(近衛秀麿長男・関東大震災で死去) 近衛通隆 1922年 大正11年 5月11日-2012年 平成24年 2月11日 後陽成天皇男系十三世子孫 歴史学者 東京大学史料編纂所教授、霞山会会長、陽明文庫理事長を歴任。

【浜崎洋介】「元祖ポピュリスト」の肖像――近衛文麿という悲劇

☕ 支那事變當時モ、「事變永引クカヨロシク事變解決セハ國内革新カ出來ナクナル」ト公言セシハ此ノ一味ノ中心的人物ニ御座候。 いや、他人事にできないからこそ、そして、その歴史の宿命を身に引き受けざるを得ないからこそ、日本の近現代史の中で反復される「近衛文麿的なるもの」に注意を払うべきだと考えているのです。 「今日は中傷と誤解とが渦を巻いている。

享年54歳。

近衛文麿

👣 これは保身目的の演技とは解釈できない。 ものの見事に動いておりまするな. 生まれは、五摂家 公家の家格の頂点に立った五家・・・近衛家・九条家・二条家・一条家・高司家・・・)の近衛家の第30代目当主で、生まれながらに栄達を約束された家系に生を受けた、後陽成天皇の12世孫にあたる。

13
使わなければ使わないでいい。 参謀本部戦争指導課長・河辺虎四郎大佐の回想録によれば、事件の知らせが伝えられた時、 陸軍省軍務課長・柴山兼四郎大佐が「やっかいなことが起こったな」と言ったのに対し、 参謀本部作戦課長・武藤章大佐は「ゆかいなことが起こったね」と言ったという。

近衛家

☣ 74年前の今日、つまり1945年12月16日未明、戦前に内閣総理大臣を3度務めた近衛文麿が、東京荻窪にある荻外荘で青酸カリを用いて自殺した。 前述の 荻外荘は「近衛別邸」。

「満州事変を起こした中心人物は自分である。 日本はハワイ真珠湾を奇襲して太平洋戦争に突入した。

近衛文麿と石原莞爾と日中戦争

🤩 が、近衛文麿の「人気」もまた、その「『モダン性』と『復古性』の両者が巧みに融合されているところ」にあったと言われるのです(筒井清忠『近衛文麿』)。 国体護持の立前より最も憂ふべきは、敗戦よりも敗戦に伴うて起ることあるべき共産革命に候。 戦争終結に対する最大の障害は、満州事変以来、今日の事態にまで時局を推進し来りし軍部内のかの一味の存在なりと存候。

13
泥仕合は僕はいやだ。