下野新聞

😉 - の講和条約に反対し4日間の発行停止を受ける• - 発行号数35,000号• - 第3次栃木新聞、計305号で休刊• (18年)4月より紙面製作はの本社で行い、印刷は本体から分社した下野新聞印刷センター()で行っている。 鐔婃湰鐪屻仺鐔婃湰甯傘伅5鏃ャ�佹柊銇熴伀鏈氨瀛﹀厫銈掑惈銈�42浜恒伄鏂板瀷銈炽儹銉娿偊銈ゃ儷銈规劅鏌撱倰纰鸿獚銇椼仧銇ㄧ櫤琛ㄣ仐銇熴�傜湆鍐呫仹鏈氨瀛﹀厫銇劅鏌撱伅鍒濄倎銇︺仹銆�1鏃ャ伄鎰熸煋. 1878年 - 第1次杤木新聞、計37号で休刊• がまったく示されていないか不十分です。 1941年 - 一県一紙の国策により栃木県の代表紙となり、数社を合併する• - 発行号数30,000号、下野県民賞を制定• - 本社スタジオから同日開局した「とちぎテレビ」へニュース中継開始• 4月1日 - 同日開局した「ラジオ栃木」へニュース情報の協力・提供開始• 涓嬮噹 鏂拌仦 閬庡幓 瑷樹簨 涓嬮噹鏂拌仦銇敓娲绘儏鍫辫獙 ASPO锛堛偄銈广儩锛� 銆屾槑鏃ャ倰銉濄偢銉嗐偅銉栥伀銆嶃仺銇�濄亜銈掕炯銈併仸銆併�併�佷笅閲庢柊鑱炪仺涓�绶掋伀鐪屽唴绱�31涓囦笘甯伀銇婂眾銇� 鏍冩湪鐪嬭鑱峰氨鑱�. 紙面にははっきり書いてないが、交付式新聞(県が発行代金の一部を負担するかわりに、県の命令などを知らせるための記事も載せた新聞)だったと考えられている。

9
3月7日 - 創刊120年、創刊年を1884年ではなく杤木新聞が創刊された1878年に改めると発表• - 現・所在地に新本社屋完成• - 宇都宮市池上町51番地に洋風2階建て社屋を建設、移転• ただしこれは田中の記述を元にしており、他の関係者の記述では、田中は退社後も合併準備のために走り回り、第3次栃木新聞の発刊を見届けるところまで関係していたともいう。 ( 2020年5月)• しもつけスケッチコンクール• - 発行号数15,000号• 3月7日 - 創刊100年• 中国・四国• 1945年7月12日 - 宇都宮大空襲の戦災により発行不能となり毎日新聞に委託、発行を続ける• 1945年 - 自力発行を再開• - 衆議院議長を批判したため1週間の発行停止を受ける• 漫才のネタとして使用。

新型コロナウイルス最新情報:朝日新聞デジタル

👐 1993年 - 株 下野新聞アドセンター設立• ( 2020年5月)• 販売・配達エリアは栃木県内全域と隣接するの一部など。 3月24日 - 開局前のを開始した「エフエム栃木」へニュース原稿の提供開始• - 日光-宇都宮マラソン大会開催• 第3次 1882年9月2日 - 1884年2月21日 足利(現・足利市)の足利新報と対等合併。 2011年10月11日 - と緊急時の新聞発行に関する相互支援協定を締結• 県域紙として栃木県内での影響力は大きく、県域テレビ「」・ラジオ局「」、「」の設立にも大きく関与している。

4
- 経営難から東京日日新聞(現・)の支援を受ける• 4月1日 - 栃木県政経懇話会を設立• (16年)に経営難からの支援を受ける一方、一県一紙の国策で栃木県の代表紙となり県内の他新聞社を吸収している。

新型コロナウイルス最新情報:朝日新聞デジタル

🙃 1884年 - 宇都宮の鶏鳴社と合併、河内郡宇都宮町池上町45番地に移転し 下野新聞 創刊(タブロイド4ページ、発行所・旭香社、以後2006年5月まで、発行号数はこの日を1号として数える)• 2019年11月6日閲覧。 栃木県少年サッカー大会(栃木放送と共催) 関連会社 [ ]• の地方紙としてはのと共に、全国紙を上回るシェアを持つ数少ない新聞である。

17
涓嬮噹鏂拌仦銇浜嬩竴瑕� - 2銉氥兗銈哥洰锝溿儖銉ャ兗銈广偝銉偗銉• 下野教育書道展• 関連項目 [ ]• - 印刷部門を分離し(株)下野新聞印刷センター設立、鹿沼工業団地内に新印刷センター竣工• 足利新報との合併準備のため1882年7月31日付を最後に休刊した。

涓嬮噹 鏂拌仦 閬庡幓 瑷樹簨, 涓嬮噹鏂拌仦銇岄厤淇°仚銈嬨儖銉ャ兗銈广�傘儖銉ャ兗銈广偝銉偗銉堛伅骞呭簝銇勩偢銉c兂銉伄鏈�鏂版儏鍫便倰浼濄亪銈媤eb銉°儑銈c偄銇с仚銆傚浗鍐呫伄涓昏銇嚭鏉ヤ簨銇嬨倝銈ㄣ兂銈裤儭銉汇偣銉濄兗銉勩兓鏆倝銇椼伄銇婂焦绔嬨仭鎯呭牨銇俱仹銆佹棩甯搞伀褰┿倞銈掓坊銇堛倠瑭遍銇儖銉ャ兗銈广倰绶忋伨銇ㄣ倎銇с亰灞娿亼銇椼伨銇�?

🤪 - 株式会社に改組、下野新聞株式会社と改称• がまったく示されていないか不十分です。

12
銆屼腑銈点儩銆嶃仺銇紵 銉併儵銈枫倛銈婃姕绮嬨兓銉汇兓 銆屼腑銈点儩銆嶃伅銆侀珮鏍¢�插銈掔洰鎸囥仚涓鐢熴伄鐨嗐仌銈撱倓淇濊鑰呫伄鏂广�呫伀. [ ] 関連事業・イベント等 [ ]• これは同じく毎日新聞と資本、協力関係にあるも同様である• - 発行号数40,000号• 当初は1884年3月に現在の題字になった年を創刊とみなしていたが、上記の事情で付けに旧栃木新聞が創刊した1878年を創刊とみなし、この日の紙齢は前記・1884年からの号数「42338号」に、初代栃木新聞の合計号数「781号」を追加した「43019号」として発行した。

下野新聞

💕 1999年 - 創刊115年を機に下野新聞編集綱領を制定• なお、田中正造は合併に反対し、合併前の1882年5月に退社している。 12月 - との間で緊急事態が発生した場合の新聞発行に関する相互支援協定を締結• やでの議論にご協力ください。

10
- 日刊化(4ページ)• 下野新聞NEWS CAFE• 4月 - 下野文学大賞創設• 内容に関するが必要です。

涓嬮噹 鏂拌仦 閬庡幓 瑷樹簨, 涓嬮噹鏂拌仦銇岄厤淇°仚銈嬨儖銉ャ兗銈广�傘儖銉ャ兗銈广偝銉偗銉堛伅骞呭簝銇勩偢銉c兂銉伄鏈�鏂版儏鍫便倰浼濄亪銈媤eb銉°儑銈c偄銇с仚銆傚浗鍐呫伄涓昏銇嚭鏉ヤ簨銇嬨倝銈ㄣ兂銈裤儭銉汇偣銉濄兗銉勩兓鏆倝銇椼伄銇婂焦绔嬨仭鎯呭牨銇俱仹銆佹棩甯搞伀褰┿倞銈掓坊銇堛倠瑭遍銇儖銉ャ兗銈广倰绶忋伨銇ㄣ倎銇с亰灞娿亼銇椼伨銇�?

🚒 - 鉛の活字を使わないコンピュータシステム完成• - 栃木県出身のお笑い芸人。 - 県域テレビ局「」設立にあたり資本参加• (11年)創刊。

15
2019年5月18日• 4月1日 - 第1回「下野美術展」を主催• 第2次 1879年8月2日 - 1882年7月31日 発行所は共進社、隔日刊。 1月1日 - 記事・写真のデータベース蓄積開始• - 第2次栃木新聞休刊• よって「42339号-43018号」は存在しないことになる。

下野新聞

💔東海・甲信越• - 足利町で「両野新報」発行• 銉嬨儱銉笺�• 1941年 - 夕刊休刊(以後、再刊はされていない)• が含まれているおそれがあります。 近畿・北陸• なお「下野旭新聞」についてはほとんど記録がないが、発行回数などはあまり多くなかったらしい。 やでの議論にご協力ください。

9
と資本・協力関係にある。 外部リンク [ ]• 脚注 [ ]• 鏉变含閮姐伅7鏃ャ�佹柊鍨嬨偝銉儕銈︺偆銉偣銇劅鏌撹�呫亴鏂般仧銇�462浜哄牨鍛娿仌銈屻仧銇ㄦ槑銈夈亱銇仐銇熴�傞亷鍘绘渶澶氥仩銇c仧浠婃湀1鏃ャ伄472浜恒伀杩戙亜楂樻按婧栥�傞兘鍐呫伄鎰熸煋鑰�. - 茨城新聞を印刷する読売新聞茨城西工場がで被災したため、3月12日及び13日付の朝刊印刷を代行• 下野教育美術展• 9月 - 中国浙江日報社と友好関係樹立• 涓嬮噹鏂拌仦 鍥芥皯鍏韩銇瀺璩囥亴閬庡幓鏈�楂� 鍥芥皯鐢熸椿閲戣瀺鍏韩 銆庝笅閲庢柊鑱炪�弉hk 鍙椾俊鏂欍�屻偢銉c儖銉笺偤銆嶃�愮濮�戙�屽崡鏃ユ湰鏂拌仦銆� 銆娿偣銉濄兗銉勭敤鍝�. 1997年7月 - 本社新館完成• その間にはらが編集者として名を連ねている。