新型コロナウイルス 遅すぎた中国全土の入国制限(THE PAGE)

🙄 これに異論を唱える外国人は、日本から去っていただきたい。 ウズベキスタン到着前10日間について、該当国に滞在していた者は到着後の検疫措置は不要 黄色国家(イギリス及びスペインを除くEU、アゼルバイジャン):感染者数が減少している国家。

11
日本における新型コロナウイルスの感染状況が、新たな段階に入ったことは明らかだ。 4月3日から、過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否となっています。

日本政府が中国人の入国を禁止しないのは何故なのですか?中国の機嫌を損ねないため...

⚔ 今回も、感染症拡大第二波に歯止めがかからない韓国との人的交流を見送ることは 防疫上の観点からも当然の判断であるのにも関わらず、 経済交流再開国から外されたことをあえて報道することで、 韓国国民に政権の行動を後押しする世論に誘導しようという狙いが見え隠れしています。 北朝鮮さえも当初よりコロナウイルス中国人観光客を入国禁止にしたのに、中国共産党の犬(日本政府)は中国人観光客様を入れまくりました。

10月30日からは、感染症危険情報をレベル2の「不要不急の渡航自粛」に引き下げました。 水際対策がなぜこんなに後手に回ったのか 日本の子どもたちには、感染リスクを避けたいとする一方で、外国からの感染リスクを招いていた矛盾がこれで解消されることになる。

新型コロナウイルス 各国の入国制限に関する一覧(2020年12月08日09:00時点)

🤝 感染状況 WHOホームページ|Coronavirus disease COVID-2019 situation reports 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 India 感染者(9,677,203) 死亡者(140,573) 【入国制限】 ・ 【ビザ】 ・ ・ ・ ・ ・ 【航空会社の運航状況】 ・ ・インド)新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空会社の運航状況 【検疫】 ・ ・ Indonesia 感染者(569,707) 死亡者(17,589) 【入国制限】 ・ ・ 保健プロトコル(HEALTH PROTOCOLS):入国審査時にフェイスマスクを着用する、入国審査時に有効なHEALTH ALERT CARD()を提示する、公共の場で常に物理的な距離(1. 要するに感染経路不明者というのは、中国からの入国者ということなのか? 中国人大量入国の理由と、感染経路不明者の国籍を政府は明らかにしてほしい。 Thus, all countries should be prepared for containment, including active surveillance, early detection, isolation and case management, contact tracing and prevention of onward spread of 2019-nCoV infection, and to share full data with WHO. (9)タイ当局から認定されているタイ国内の教育機関に通学する,タイ国籍を保持しない生徒および学生,またこれらの両親もしくは保護者。 スペイン スペインは、3月23日から6月30日まで、EU、シェンゲン協定国及びアンドラ以外の居住者(EUの滞在許可証を保有する居住者及びその家族等を除く)の入国を禁止していましたが、7月4日に日本を含むEU域外12か国からの入国制限を解除しました。

ウズベキスタン到着前10日間について、該当国に滞在していた者は、到着後、14日間の自宅隔離となる 赤色国家(緑色国家、黄色国家以外):感染者数が減少していない国家。

4/2更新【入国規制まとめ 】日本への入国拒否、ついに英米も加え73カ国・地域に拡大

💕 日本に生活基盤がある外国人にまで入国拒否する措置は、人権侵害との指摘が相次いだ。 関連リンク ・(20年1月31日) ・(20年1月30日) ・(20年1月30日) ・(20年1月29日). 中国全土からの入国制限はあまりに遅すぎました。

5
APACビジネス・トラベル・カードを有する外国人の入国も暫定的に停止。

日本は早く、中国人韓国人の入国禁止をして下さい‼️安倍晋三首相は武漢

😃 該当国からウズベキスタンに到着した者は、指定施設等での14日間の隔離となる The United Kingdom 感染者(1,723,246) 死亡者(61,245) ・ 1)入国者は,英国へ到着する前の48時間以内に専用サイト()にて滞在情報の登録が必要。 b 指定した住居又は居所で14日間の健康観察及び自己隔離 ・ Ukraine 感染者(758,264) 死亡者(12,717) 【入国制限】 ・ ・ 【検疫】 ・ ・色分けは,ウクライナ保健省のHP()で確認できます(~2020年10月31日) Uzbekistan 感染者(73,276) 死亡者(611) ・ 緑色国家(日本、中国、タイ、マレーシア、韓国、ジョージア、ハンガリー、ラトビア):衛生・疫学状況が安定している国家。 中国しか将来の市場が無いという錯覚から抜けるべき。

3
しかしそれらの国を合わせた日本との貿易額は、中国と日本との貿易額の足元にも及ばない程の差がある事が分かって言っているのか? また、日本企業との合弁企業が存在する数も中国がダントツであることも知っているのか? 合弁企業が多く存在するということは日本企業からの技術提供もそれなりにされていると言うことであって、その輩の言う「企業の命の技術を不当にパクられておしまい」などと言うのは、かなり昔の古い考えをもった頭の持ち主であること間違い無し。

日本が「中国人入国禁止」にできない3つの事情

🤣 しかし、10月1日より、ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開しました。 感染要因の一つである国籍を明らかにしておかないと、感染経路不明のまま、第2第3の緊急事態宣言を出す可能性も出てきます。 4月3日から、過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否となっています。

19
日本からカナダへの措置については、レベル3の「渡航中止勧告」が出ています。

【外国人向け】日本への入国禁止国リスト一覧・総まとめ

⌛ 中国で新型肺炎が拡大し、日本の成田空港でも入国者の体温を感知器でチェックするなど、警戒が続いている(写真:AP/アフロ) 日本の新型コロナウイルスの感染者数が100人を超え、客船「ダイヤモンド・プリンセス」での感染者を除いても、中国・韓国に次ぐ数の感染者が確認されている。 資料は入管庁HPで閲覧可能です。 いきなり大手企業が全面撤退すれば計り知れないダメージがある事ぐらい経済の素人でも分かる。

3
ビザは渡航前にNPRAホームページ()から申請(2020年7月22日~) 【検疫】 ・ ・ occupied Palestinian territory 感染者(74,350) 死亡者(633) 【入国制限】 ・ 【検疫】 ・ Jordan 感染者(227,208) 死亡者(2,854) 【入国制限】 ・ 【検疫】 ・ Lebanon 感染者(126,903) 死亡者(1,004) 【航空会社の運航状況】 ・ 【検疫】 ・ 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 Algeria 感染者(87,502) 死亡者(2,501) 【入国制限】 ・ 全ての航空便、船便を停止、全ての陸路国境を封鎖(2020年3月17日~) 【検疫】 ・ ・ Angola 感染者(15,536 ) 死亡者(354) 【入国制限】 ・ ・ 【検疫】 ・ ・全ての渡航者に対し、少なくとも7日間の自宅検疫を義務付ける。 このほか、トルクメニスタンとキルギスは、入国時に医療検査を行うとしています。

日本からの渡航者 入国制限の国や地域 徐々に増える

✍ 日本からシンガポールへの措置については、レベル3の「渡航中止勧告」が出ています。 ドイツ ドイツは、EU、EFTA、シェンゲン協定国及び英国以外の出身者のEUへの入域を原則禁止していましたが、7月2日からEU域外7か国からの入国制限を解除しました。

2
4月3日から、過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否となっていましたが、7月29日から、入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、ビジネス目的の渡航者に限り受け入れを再開しています。 このうち、 中国は 4,021 億円、約36. 5メートル)を実践する、石鹸と水または手指消毒剤で定期的に手を洗う ・ 【ビザ申請】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 【航空会社の運航状況】 ・インドネシア)新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空会社の運航状況 【検疫】 ・ ・ Republic of Korea 感染者(38,161) 死亡者(549) ・ 【 入国制限 】 ・14日以内に湖北省を訪問した方は入国、乗継不可(韓国籍は対象外) ・湖北省で発行された中国パスポートの方は入国不可 ・中国籍の方はビザ無しでの乗継が不可 ・入国にビザが必要な国籍の方はビザ無しでの乗継が不可 ・ ・ ・ ・ 【 ビザ申請 】 *韓国入国を希望する場合は改めてビザの取得が必要 ・ 【航空会社の運航状況】 【 検疫 】 ・全ての入国者は機内で配られた健康状態質問書と特別検疫申告書を作成、入国検疫時に発熱チェック、韓国国内滞在住所及び連絡先(携帯電話)の提出並びに自己診断アプリのインストール等が求められる ・ ・ ・ Cambodia 感染者(346) 死亡者(0) 【 入国制限 】 ・ 【 ビザ 】 ・ ・ 業務ビザの申請は可能 【 検疫 】 ・PCR検査(鼻咽頭スワブ)に基づき、かつ居住国からカンボジアに向けての出発の 72時間前以内に居住国の保健当局などから発行された新型コロナウイルスに感染していないことを証明する健康診断書を提示しなくてはならない。