プルダウンリストの作成方法(データの入力規則)|スプレッドシートの使い方

🤗 2)条件部分に該当するリストのセルを指定します。 データの入力規則は、セルに入力できる値を制限する時に使用する機能です。

15
以上で簡単なプルダウンリストの表示が可能になりました。

【小技集】意外と知られていないGoogleスプレッドシートを便利にする技まとめ

😗 スプレッドシートで作ったプルダウンリストをExcelで活用する 作成したプルダウンリストは、Excel形式に変換しても有効です。 OFFSET関数に、範囲に含まれる空白でないセルを指定するCOUNTA関数を組み合わせることで、 項目が増えた時にプルダウンメニューに自動で追加する設定が可能です。 関数で作ったリストに自分でデータを追加すると関数で作ったリストが消えてエラーになってしまいますが、コピーして値のみ貼り付けることで自分でもデータが追加できるようになります。

18
Q Excelについての質問です。 Excel(エクセル)でプルダウンを作成する方法 Excel(エクセル)でプルダウンを作成する方法は、2種類あります。

Google スプレッドシート別のシートのデータの反映のやり方

☘ 該当のセルを選択すると、エクセルの名前ボックスが「都道府県」に変わることを確認します。 プルダウンを解除(削除)するには もし一度作成したプルダウンを解除したくなった場合は、まず解除したいセルを選択してください(複数のセルを選択してもOK)。 以下のように、入力領域を作ります。

8
画像の左上の部分が元になるデータです。 結果は、1048470が表示されます。

スプレッドシートでプルダウン連動!

💕 【警告を表示】の場合、データの入力はできますが警告文書が表示されます。 他にも同じ結果を得る方法はあると思います。 あらかじめ決められた内容をリストから選択してセルに入れる 『プルダウンリスト(ドロップダウンリスト)』は Google スプレッドシートでも使用することが出来ます。

11
データの入力規則の設定内容を確認してみましょう。

コピペで簡単!スプレッドシートの連動プルダウンを作成する方法を解説します|ROGOLOG ロゴログ

✍。 これで、下準備は完了になります。

18
「選択範囲から名前を作成」というダイアログが表示されたら、「左端列」のみをチェックして「OK」をクリックします。

エクセルでプルダウンリストを表示、連動、別シート、解除 、INDIRECT (Excel 2010, 2013, 2016)

😘 データはA列1行目からあるとします。

11
定期的に必ず集計しないといけない場合などは、エクセルだとcountifやsumifなどでしている項目が増えるたびに修正が必要で手間ですが、SpreadsheetのQUERY関数を使えばピボットテーブルの要領で使えます。

スプレッドシートのプルダウンを連動させよう!同じシートの中で設定する基本編

👇 入力規則(プルダウン)を設定 検索シートのプルダウンを設定するセルを選択し「データの入力規則」を選択します。

10
ある程度入力する内容が決まっているのであれば、ぜひスプレッドシートでもプルダウンを作成しておくと時間の短縮ができ、誤入力なども防ぐことに役立ちます。

エクセルでプルダウンリストを表示、連動、別シート、解除 、INDIRECT (Excel 2010, 2013, 2016)

🤭 6)次に、IFERROR関数を使って「種類」を確認し「飲み方」を表示させる様にします。

20
シート名はおまかせしますが、参照するときに使用するシートなので今回は「参照データ」と名付けます。 プルダウン要素 プルダウンの作り方 それでは、プルダウンの作り方についてみていきたいと思います。

【Google Apps Script(GAS)】Googleフォームのプルダウンリストに、スプレッドシート上からデータ反映させる

🖕 Tablets• 他にも下記の設定ができます。

データをクリック• スプレッドシートは200万個のセルにしか値を入力できませんが、IMPORTRANGEを使えば実質無限のセルを使うことができるんですよ。