「ら抜き言葉」は文法的に正しい?「ら抜きは問題ない」の意味を知りたいが? TBSテレビ「林先生が驚く初耳学!」「ar抜き言葉」「島田泰子教授」「時代差と世代差」: 佐藤千夏夫のブログ

🤲 発音便、促音便、幼音便など、日本語にも"認められる"変更があります。 具体的な数字は間違っているかもしれません。 -------------- と調査結果を発表しているのですが、私もブログで -------------- 林先生は、「年配者は頭が固く、新しいものに反感を持つ」というステレオタイプに陥っていると思う。

10
しかし、ビジネスシーンではまだまだ「型通りの日本語」が求められており、ら抜き言葉を使うと指摘されたり、相手に失礼になったりする場合も。

「ら抜き言葉」の見分け方

🙂 「行く」「歩く」の可能形として使われている「行かれる」「歩かれる」。 最近では正しい言葉を使っていた年配者まで、食べれる見れるなどと言ってます。

19
では、文章に起こす時、どちらの言葉で書くのが適切でしょうか? 答えは「よろしいでしょうか」です。 その動画には問題点が3つありました。

裏抜きという言葉が実際に起こした問題

😁 「しゃべれるたべれる~」をキャッチフレーズにしてるコンビニもありますし。 もちろん、新聞社や出版社、役所などで行われているプロのでは、きちんと基準が定められているでしょうから、それに従うことが一番でしょうけれど。 「言葉は生きているので、文法もそれにより変わって……」という擁護論に対しても、「理屈じゃない、嫌なんだ!」と叫びたくなるのである。

1
「両方とも、抜けているのは『ar』なので、同じ現象である」など、そんな大雑把なことを学者が言うなど、信じられない! 私は研究者ではないので学問の方法は知らないが、「共通しているから同じ」など厳密さの微塵も無い論理は素人でも受け入れられないのであり、言っていることは無茶苦茶だと思う。 「ら」抜きが問題になっていることさえ知らないとは・・。

言葉あそび一覧│すき!がみつかる「放課後たのしーと」

🤐 もう少し、具体的に違いを見ていきましょう。 <田子> 日本語は古くから母音の衝突(母音の連続)を避ける傾向にありました。

5
会話において強調したい時によく出てくるかと思いますが、文章にした場合には過剰な表現となり、適切ではありません。 そうすると、コミュニケーションを、とる上では「い抜き言葉」は十分が使われることに問題はないでしょう。

「さ」入れ言葉は、日本語に混乱をもたらす悪いタイプの乱れである

💙 私、とりあえず、カスタマーセンターに電話しました。 「行かれる」から「行ける」に変化したものではなく、「ikareru」から「ar」を抜いて「ikeru」になったものではない。 つまり、2グループ動詞の「見られる」だけが、 受身、可能が同形となっています。

今日はニュースでインタビューされていた30代の女性が、「全部の子供が保育所に入られたらいいんですけど」って言ってました。 画像元: 「ら抜き言葉」は年配の方々には「耳障りがよくない」「嫌い」など否定的な意見も多い。

「ら」抜き言葉が問題になっていますが,私は「い」抜き言葉が気になります。例え...

🌭 おまけ:ら入れ・さ入れ ら抜き・い抜きが、言葉遣いを「気にしなさすぎ」で起きた言葉の変化であるとすれば、「気にしすぎ」によって起きた言葉の変化もあります。

6
48 む さんのコメント: 「ら抜き」を正当化するな! No. ビジネスシーンでら抜き言葉を正しく言い換える方法 日常シーンではあまり気にならないら抜き言葉ですが、ビジネスシーンともなれば話は別でしょう。 しかしながらそのトッププロのネームバリューにより『論外』の飛びが『素晴らしい』飛びに変貌を遂げたのです。

え?コマーシャルで「ら」抜き?

🤭 さらに、「読ませていただく」が正しいとされている表現なのに対し、「読まさせていただく」とさらに「さ」を入れてしまうことを「」というようです。 もともと「られる」という助動詞は「受身・自発・可能・尊敬」の4種類の意味を持っています。 本人に話を聞きました 「見られる」「食べられる」から「ar」が抜けて「見れる」「食べれる」と見ることもできます。

6
言葉は歴史とともに変化していくものなので、今後は「ら抜き言葉」が正しいとされる日が来るのかもと思います。 一方で、少しは下がりますが、「食べている」から「い」を抜いて「食べてる」としたものを、「」といいます。

ら抜き言葉の問題点とメリットとは?歴史はいつからなのか??

✔ 「ら抜き言葉」は「ら」抜きではなく「ar」抜き、と見ることもできる。

10
時代に合わせて日本語も進化している 本来、ら抜き言葉は文法的に間違った日本語です。

「ら抜き言葉」の見分け方

🚀 そもそも「正しい言葉」って? たとえば、ある文書のをするという場合には、その文書の中から内容的・文法的な「誤り」を探して、それを「正しい」表現に直すわけです。 しかも、この外国人の論文では「ら抜き」に関する認識が肯定的か否定的か調べるため調査もして -------------- 世間でよく言われている「お年寄りたちは、「ら抜きことば」を日本語の乱れだと思っているので、好きではない」という観念を否定する結果である。 しかし、そのような反応をするのも無理はないと思います。

TVCMだけじゃなくて、ドラマやアニメでも、当たり前のように「ら」抜き言葉が横行してます。