一度に最大4品ほったらかし調理!毎日の食卓がラク~に充実。1台でご飯とおかずが同時にできる自動調理鍋「ツインシェフ」発売|ショップジャパンのプレスリリース

🖐 それに、ショップジャパンという 20年を超える老舗レベルの大手通販ショップが販売している商品なので、信頼できるという点も大きいですね。 特徴1:最大4品の同時ほったらかし調理ができる ツインシェフには、2つの鍋があるのでご飯とおかずの2品を同時に調理することができます。 仕組みや規格を知ることで、市場に売られているパソコンの特徴が手に取るように分かってきます。

勝手に連動してくれるわけではないので、完成時間は左右でまちまちになります。 むしろテレワーク中こそ、仕事の合間に簡単に昼食を作るため、こういった家電に頼りたいです。

一度に4品作れる自動調理鍋「ツインシェフ」発売 ご飯とおかずを同時に調理

📞 煮込み ・・・カレー、筑前煮など• お米は、炊飯器で炊いておかず2種類とかをツインシェフで作るとかだとよさそう! ツインシェフは意外とコンパクトに設計されている! ツインシェフって炊飯器が2個ついてるみたいで… 収納にめっちゃ幅とりそう!って思った方もいますよね? うち、食洗器ないけど(笑) ツインシェフのデメリットは? とにかく便利そうなツインシェフだけど、 これってデメリットになるかも?なポイントもありました。 かなり安いですね。 カレーの具を炒めたり、火加減を調整する手間がないので楽チン! というわけで、カレーライスが完成! じゃがいももほっくりしているし、チキンにもちゃんと火が通っていて、おいしくでき上がりました。

18
このように、機能面についてはとても満足している人が多かったです。 <動画準備中> 温度や時間の設定をあわせて考えなくてはいけないので、 献立を考えるのが苦手な方にとってはちょっと面倒かもしれません。

1台でご飯とおかずを一気に作れる!「ツインシェフ」がテレワークめしで大活躍

💖 ツインシェフ取扱説明書。 フタを両方開けた様子。 「大体近い時間にでき上がればいいや」くらいのゆるい気持ちで、余熱時間の余裕も見て2時間後くらいに完成するようタイマーを合わせるのがよいかなと思いました。

1
2つの鍋で900W なので一般的な調理家電と同じくらいですね。 操作が簡単• ただし、 揚げ物は出来ないとのことですので、そこは注意です。

ツインシェフを使ってわかったメリット・デメリット・口コミ・評価・レビュー

🖕 これで 「最大4品作れる」という謳い文句になるわけですね! また、保温機能・温め直し機能も搭載。

18
長く煮込む料理• 450Wの調理器を2台一体化したようなもの(同時使用で合計900W)• 5~4時間 雑炊(冷ご飯使用) 10分 余熱(最大50分) 約15~20分 おかゆ 1時間10分 浸水(30分~1時間)、余熱(最大50分) 約2~2. 傷防止のため、金属のお玉は使わないほうがいいだろう。

2つの鍋を内蔵する、ツインシェフ使用レビュー!ご飯とおかずを同時調理

😃 ショッピングでそれぞれ調べてみました。

11
クッキングプロは、100のレシピが掲載されたレシピ本があります。

【調理レビュー】トンデモ家電か大発明か!?「4品同時調理」で話題の「ツインシェフ」が気になって仕方ない

💔 慣れればそれほど複雑ではありませんが、 毎回やるのはちょっと面倒です。 もちろん、これ以外にも出来るメニューは結構多いと思います。

16
炊き込みご飯• そうなると気になるのが 「上と下の料理にそれぞれ影響はないのか」ということ。

一度に4品作れる自動調理鍋「ツインシェフ」発売 ご飯とおかずを同時に調理

😛 だから、テレビなどでよく通販番組を流しているショップジャパンの商品は、品質がいいと言えるわけですね。 操作パネルの反応が悪い• 朝、出勤前に予約するとするとだいたい朝の7時。 しかし、カレーの完璧な仕上がりからわかるように、煮込み料理には有効なようです。

7
炊飯の時間がわからない 我が家でいつも使っている炊飯器は、後何分で炊き上がるのか、残り時間を表示してくれます。

ツインシェフの口コミと評判!使ってわかったメリットとデメリットまとめ

🙂 この10種類のメニューは、調理方法に適した温度や時間が既に設定されてるので、メニューを選んだらボタンを押すだけで、誰でも手軽に調理することができます。 調理時間において、「炊飯」と「炊き込み」は分量に応じた自動設定になっている。 手動でも楽に手入れできました まとめ:汁物とおかずを一気に作る調理家電としてイイ! というわけで絶賛テレワーク中の我が家では、ご飯を炊飯器で炊いて、そのほかの汁物やおかずをツインシェフで一気に作るというお昼ご飯スタイルが定着しました。

17
フタを開けてみると、ブロッコリーとじゃがいもがしっかり蒸し上がっているのがわかります。 操作パネルは1つだが、鍋1号か、 鍋2号かを選択して切り替えるため、連動性はなく「調理タイミング、調理時間、調理温度、タイマー」が個別に扱える。