点訳データリスト

✍ 鎌倉の片隅にひっそりと佇む「ビブリア古書堂」。 寄せ集めの6人は県大会出場を目指して、襷をつなぐ。 イヤなことがある日も、ない日も、さいごは大好物のサバランや、デパ地下のアップルパイ、トラヤカフェのかき氷で終わらせれば元気が湧いてくるというもの。

調理器具の購入のため麻野と出掛けた理恵は、店の常連カップルと遭遇。

神田うの、原宿ショッピングに批判殺到「なぜこの時期に」「大坂のおばちゃんみたい(1ページ目)

🤲 しかし取次会社の社員には辛辣な言葉を投げかけられ、作家が直々に足を運ぶ「書店まわり」直前にはトラブルを予感させる出来事が…。 虐待、認知症、癌など、診療所に持ち込まれる病気や患者の問題に、真摯に向き合う医師と型破りな女子高生が織りなす切なくて温かい下町物語。 しかし他にも不自然に記憶を失った人がいると知り、真相を探り始めるが・・・。

ふたりのやり取りを、可笑しく、そして切なさをこめて描く「木蓮」。

点訳データリスト

📱 とにかくほめること。

14
みんなちがうから、いい。 彩加と伸光が出会った時、思わぬ事実が発覚し…。

点訳データリスト

🤘 目撃したイズミは真相が気になって…。 赤いダウンジャケットの青年との出会い。

6
そして神苗は彼女を助けることができるのか。 白雪姫に毒リンゴを食べさせて殺そうとした『白雪姫』の王妃。

点訳データリスト

🐝 その駄菓子屋に最大の危機がおとずれる。

19
だが杏子は、忘れたい記憶を消してくれるという都市伝説の怪人「記憶屋」を探しに行き、トラウマと共に遼一のことも忘れてしまう。 そんなマオに飼い主のケイコさんが用意したのは、使いこなすのが難しいといわれている「前足用の車いす」。

点訳データリスト

😃 山本周五郎唯一の警察小説。 彼女は西陣にある「なごみ植物店」の店員だというのだが…。

小さな商店街にくらす人々の、苦しみや喜びを描いて人気を集めるシリーズの第3弾。 286.九十歳。

点訳データリスト

🤙 ある日、新人賞の候補者に電話をかけたが、その人は応募していないという。 家族、仲間、将来・・・迷いながら自分だけのポジションを探し出す物語。 父・吉本隆明との対談「書くことと生きることは同じじゃないか」収録。

ふさぎこむ少女が抱える秘密とは? 「幸せとは何か」を静かに問いかける、著者新境地の感動作。

神田うの、原宿ショッピングに批判殺到「なぜこの時期に」「大坂のおばちゃんみたい(1ページ目)

🤐 小学校中学年 3,4年生 の部 課題図書。 ふたりの、互いを大切に思う気持ちを軸に、東京のちいさな商店街に暮らす人々を描いた連作短編集。

美しい自然に囲まれたその博物館では、個性豊かな学芸員たちが日々、懸命に働いている。

神田うの、原宿ショッピングに批判殺到「なぜこの時期に」「大坂のおばちゃんみたい(1ページ目)

⌚ 共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始める。

人生の様々な場面で高校生やその家族たちが抱える悩みや問題を漫画で表し、それらを受けて家庭科のプロが生きるヒントや多様な視点をアドバイス。